コクピット その5

2mm真鍮線で作りかけていたロールバーですが、
重量がかなりあってトップヘビーになるのが気になるのと、
太さが若干太かったので思い切ってプラ棒で作り直すことしにました。
それと、細くすることで、悩んでいたボディ正面の構成解決すると判明した事が、
作り直しを決心させた一番大きな要因です。
もちろん作り直すにしても、強度的にも曲げやすさ的にも真鍮がベストなんですが、
手持ちに丁度いい太さの真鍮がなかったのでやむなくプラで。

また、作り直しに伴い、バスタブの正面も以前より削っています。

バンダイは逃げたロールバーの解釈ですが、私は正面から受けて立ちます。
コクピットのアップ画と、正面画のどちらにも折り合いをつけてみせましょう。