下半身 その5

今日も下半身の続きです。

吸気口?っぽいスリット部を組み込みました。

昨日の話の続きですが、いかに騙し絵トラップが潜むとは言っても、
その設定画が公式の絵であることに変わりなく、
そのイメージはすでにザブングラーの心に浸透しているため、
立体的に正しいからと言う理由であっても、無視することは出来ません。
なるべくイメージに近づけるべく先端を細く削って設定に近づけます。
騙し絵にには騙しモデリングと言ったところでしょうか。