組立て その14

ナウシカの続きです。


最後の難関、スカートのヒラヒラに入りました。

エポキシでスカートの周囲をぐるっとまいて、半分乾燥した頃に短冊状に切れ目を入れました。
完全乾燥したら一個ずつ整形していきます。


土鬼のババアがもうちょっとシンプルな服をくれたらこんな苦労はしなかったのに、
などとアホな事を考えたりしますが、地道にやっていくしかないです。


何故なら、
「上手い下手、好き嫌いは人によって意見が分かれるが、
手間をかけて作った部分は絶対に意見が分かれる事はない」
by秀太郎

ということなのです。
久しぶりにいいこと言ったので大きい文字にしてみました。
つまり「手間をかけて作る」ことが、作品を良いものにする唯一の近道なのです。
近道するために遠回りするのです。


自分でもなにを言ってるのか分からなくなってきましたが、
同じことを何回もやるのが人一倍苦痛に感じる自分へのエールというか、自己暗示です。


ただ、ヒラヒラは思ったよりも数が少なくて、約50ヒラヒラです。
1ヒラヒラ5分かかったとしても4時間程度でいけます。
まだ休みは5日もあるんで楽勝です。