読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

組立て その10

プラモデル TAKARA 1/100 機甲猟兵ザウエル

ザウエルの続きです。


腰の箱を作りました。

買い物とか、部屋の掃除とかであまり進んでません。


あとは、足の幅をいじるくらいしか大きいところは残ってません。
腕問題はまだ悩んでおります。



というか、40kの6版の方が大きな比重を占めているので、ザウエルどころではありません。
ついに、6版が発表されてしまいました。
ゲームをプレイするためのルールを勝手に新しくするのはいいでしょう。
でもそのルールの部分っていうのは、突き詰めて考えたら、「ミニチュアを買ってもらうための、広告」みたいなもんです。
本来ならこの部分は無料で配るのが当たり前で、ルールブックで利益を得ようと言う考え方は、私はまったく理解できません。
カバンまでつけちゃって、無駄に値段をつり上げたりして、ゲームズワークショップはバカの集まりなんでしょうか?
しかも値段が2万円って、もはやゲームを遊んで欲しいのか何なのかよく分かりませんわ。
ある程度の値段ならクソ高くてもしかたないと思ってましたが、ここまでいっちゃうともう辞めざるを得ないでしょう。


スタートセットは買うかもしれませんが、今後はある程度距離を置いて、手持ちのミニチュアを作り終えたところで引退ですな。