読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

予約

ガマロボ予約しました。


過ごしやすい季節にもなり、ゴールデンウィークやら、なんやらで、時間も十分にあるにもかかわらず、
ご存じのとおりオルクの作業は進みませんでした。
表向きの理由としては、ゲームや、アニメや、睡眠やらに時間を取られていたからですが、
本当の理由は別にありました。


それは、長年私のヤフオクウォッチ対象として君臨し続けていた、あのガマロボが、
毎度毎度10万超えで落札され、一生手にすることはないと指をくわえているだけだったあのガマロボが、
アオシマから再版されると知ったからです。


あぁ、ガマロボ。
こんな日が訪れようとは。
この喉から手がでるほど欲しいという感情は、たぶんロボダッチマニアにしかわからないでしょうな。
いくらへっぽこブログでも、見てる人はいますから、ひとりでも予約のライバルを減らすべく、
予約するまではガマロボのことは口にしないでおこうと誓ったのであります。
予約が無事に済んだ今、感情を表に出せるようになりました。
イエーイ!

私にとってアオシマは、嫌な思い出しかないクソみたいな青春時代の象徴である、不良どもを賛美するかのような、
暴走族のプラモなどというありえないものを出している反社会的メーカーという認識です。
なるべくなら、かかわりたくないメーカーとして、積極的に不買をしていたくらいで、
個人的プラモメーカーランキング万年最下位だったわけですが、
ロボダッチの権利を買い、ガマロボを再販させてくれたことで、田宮、バンダイに次ぐポジションにまで一気にランクアップしました。


辛口の私がメーカーに感謝することなど、ほとんどありませんが、あえていいましょう。
アオシマありがとう。