読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本塗り その1

槍装備クランラットの続きです。


ベース色を金魚ポンプ静か御免で塗った後、肌色を塗りました。

台風も来てますので、明日はなにもしたくないので、とりあえず日付またいだ夜のうちに更新します。
ベースのレッドブラウンは残り僅かなタミヤアクリルで、今回ので使い切りました。
最初は肌のベース色を塗りました。
40体同時塗りなので一色だけで3時間くらいかかるため、それがひとつの記事になるので、ペイント手順をお見せすることになると思います。
肌色はvallejoの72043 BeastyBrownに少し肌色を混ぜた色で塗りました。
vallejoは若干匂うのが玉に傷ですが、塗り味はいい感じです。


そして、ペイント指導系のコンテンツで、はみ出しても気にせずに塗って後で修正しましょうみたいな優しさアピールのアドバイスをする人がいますが、私はあえて言います、絶対はみ出すな!と。
精神集中してはみ出さずに塗ることが、筆塗りのスキルアップにつながります。
とはいってもはみ出しは発生しますけど、それでもはみ出してもいいやと思って塗るのと、絶対はみ出さないと思って塗るのでは成功率がかなり変わってきます。
はみ出しが少なければそれだけ塗料も無駄になりません。
ネズミ100匹組手を途中までこなした私クラスになりますと、はみ出し率は5%くらいです。

はみ出して
  得することなど
    なにもなし  by秀太郎