組み立て その9

ゴリラの続きです。

リアキャリアを作りました。

■リアキャリア
特に問題もなかったので普通に組み立てました。
ここも溶接痕を再現しなくてはならない部分なので、溶接以外の部分が完成です。


■ヘルメットホルダー
ほとんど注目されない部分ではありますが、かなり目立つ位置にあるのでディティールアップさせました。
こういった穴あけ系作業は、持っているドリルがどれだけ刻まれているか重要になってきます。
0.3〜1.0mm位はセットで売られているので、ほとんどのモデラーが0.1mm単位で刻んでると思いますが、問題は1.0mm以降です。
もちろん、穴あけをほとんどやらないジャンルというものあるとは思いますが、ここらへんをどれくらい刻んでいるかでスクラッチ家としての熟成具合が分かるような気がします。
鍵穴の直径は実寸が15mmなので、6で割ると2.5mmとなり、0.5の倍数なので問題ないですが、押す部分は約11mm、6で割って約1.8mmとなりますので、これはちょっと普通の模型屋には売ってない径になりますので、ハードルが高いです。
偉そうに言ってる私も実は刻みきれてませんで、1.6mmで誤魔化してます。