読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

組み立て 完了

トラッド11の続きです。
フィギュアを除いた本体のモデリング完成しました。


■1号機(手前)
下半身は途中経過でもお見せしたとおり、各関節の可動域を広げる改造を行っているので自由な接地ができるようになっています。
上半身は2個目に作った方を乗せているので、腕の後ハメを考慮していて、塗装しやすさと可動を優先した作りになっています。

■2号機(奥)
こちらは下半身は完全固定ポーズで、重量感を表現するために関節を曲げて沈んだ状態にしてます。
強度をかせぐために足の中に真鍮線を通してベースまで貫通させ、さらにエポキシパテを充填してます。
何故そんなにがっちり固めているかと言うと、上に2機乗せるからで、強度を優先した作りになっています。
上半身も後ハメが考慮されていないどころか最終的には固定化の予定です。


というわけで、19話の3体合体シーンを作るので、ペイント工程はギャロップを作り終わってからまとめて行いたいので、トラッドは一旦ここで保留し、いよいよ最難関のギャロップ作りに入ります。