組み立て その2

ギャロップタイプの続きです。
コクピットを作り始めました。

■コクピット
作業性のことも考えて、コクピットはブロック化、後ハメ化しました。
プラ板箱組みでバスタブを作り、本来のコクピットのパーツはフロントパネル部分だけを削り取って生かし、3分割してロールバーの分2mmを幅詰めしました。
現物合わせで作ったんですが、かなりスクエアな感じで、1/48でフルスクラッチしたバスタブと比べると前後長が短く、フィギュアを入れるとどうしても窮屈になります。
本来はシートの後ろに収納箱があるんですが、シートを後ろギリギリの位置に配置しないと入らないので、収納箱はやむを得ず省略しました。


■シート
ジャンク箱からスケール違いのなんかのシートを持ってきて、バックレストや、シートアングルを加工し、それっぽく作りました。


これでコクピットのベース部分は完成ですが、まだ操縦桿やら計器パネルなんかを作らなければならないので、もうちょっと時間をかけます。

広告を非表示にする