イクサトンカチ時々プラモ

ウォーハンマー等のミニチュアを塗ったりプラモデルを作ったりするブログ

リブギゴのオマケのアラレちゃん 組み立て 完成

リブギゴのオマケのアラレちゃんの続きです。

ベースの盛り付けとアラレちゃんの表面処理を行いました。

 

f:id:hidetaro2011:20190421173241j:plain

f:id:hidetaro2011:20190421173309j:plain

 

■ベース

ゲームズワークショップのベースに木工用エポキシをもりつけて歯ブラシでたたいただけのお手軽方式です。

オルクのイージーキットに一枚多く入ってたやつを、ありがたく使わせてもらいました。

この上から草をはやしたり、いつもの各種ふりかけを撒いたりして、大半が見えなくなりますので超適当です。

 

■アラレちゃん本体

一通りサーフェイサーを吹いて表面を修正しました。

髪の毛を遊ばせたくて自由に曲げられるハンダで作ったのは間違ってなかったと思いますが、改めて見るとちょっと太すぎに見えますが、後の祭りです。

 

ペイント前に、改めてコミックスを読み直してみたところ、リブギゴはアラレちゃんのキック一発であっさりと破壊されてまして、んちゃ砲を使うまでもない弱さなんですが、何故このキットのアラレちゃんが「んちゃ砲」のポーズ(しかも残念な出来)で作られているのか謎です。

 

とりあえずモデリングはこれで完成にしまして、来週からペイントに入ります。

リブギゴのオマケのアラレちゃん 組み立て その1

リブギゴのオマケのアラレちゃんです。

f:id:hidetaro2011:20190420192132j:plain

私はプラモやミニチュアなどの作業中のアイテムをタッパーに入れるんですが、リブギゴを作ってた時にほぼ出来上がっていた状態でタッパーにほっぽらかされ続けていたのがこのアラレちゃんです。

あまりにも不憫なのといい加減邪魔なので丁度いい機会だし、完成させてあげることにしました。

 

リブギゴを作ったことがある人は、オマケの残念なアラレちゃんをご存知だと思いますが、私も捨てるかどうかで迷いましたが、貧乏性なのでもったいない精神が勝ちまして、捨てずに根性でいじり倒してなんとかここまでもってきました。

リブギゴと遭遇する直前の「キーンポーズ」をイメージしてます。

■頭部

口をカットしてから、歯をプラ板で追加して閉じた状態で再接着し、グリーンで修正しました。

帽子も一部プラ板とパテで修正し、髪の毛は糸ハンダで作り直しました。

■腕

パテで延長し、右手はパーにするためにプラ棒で指を追加、左手にはプラ板積層のカバンを追加しました。

■足

膝上を延長、右足はカットして後ろに回し、再接着して隙間をパテ埋めしてます。

 

サフを吹いて細かい直しをしたら本体はほぼ完成です。

 

ブロッケード・ランナー 完成

ブロッケードランナー完成しました。

 

塗り分けが楽なのと、サイズも小さいのに加えて9のタイトル発表パワーで一気に完成させました。

f:id:hidetaro2011:20190414131942j:plain

ちなみに途中画像は無しです。

f:id:hidetaro2011:20190414131522j:plain

ネームプレートはパッケージのロゴを切り取って切断面を黒で塗りつぶしたものを貼りつけただけのお手軽方式です。

カラーレシピですが、

本体色はファレホ72049[Stonewall Grey]をベースにパネルごとに黄色と青を混ぜた色で塗り分けを行ってます。

赤ラインは、シタデル[EVILSUNZ SCARLET]に肌色系を50:50で混ぜた色塗ってから本体色でハゲチョロ塗装を行ってます。

そこにシェイド系で全体ウオッシングの後、エンジンを中心に黒系で汚して、本体色に白を混ぜた色でドライブラシしてます。

 

久しぶりにTINAMIにもアップしますので、よろしければそちらもご覧ください。

 

それにしてもエピソード9ですが、タイトルにスカイウォーカーが入っている事で色々と妄想が止まりませんわ。

 

そして次回作ですが、まだ決まってません。

今年のノルマが終わったのでオルクに戻るかターミネイター作るかダンジョンサーガかフロストグレイブかもう一度プラモかちよっと考えます。

 

ブロッケード・ランナー 組み立て その4

ブロッケードランナーの続きです。

ベースを作り直しました。

■ベース

f:id:hidetaro2011:20190413122619j:plain

ブロッケードランナーを入れるために開発されたんじやないかというくらいにドンピシャな縦長のケースを100円ショップで発見。

電池ボックスがはみ出すので、穴を開けて単三の電池ボックスを半分埋め込み式にしてグールーガンで固めて固定しました。

f:id:hidetaro2011:20190413122923j:plain

飛び出す部分を隠すために1mmプラ板箱組み、ドシンプルですが乾燥後に整形して完成とします。

ボタン電池なら入れっぱなしでもいいんですけど、乾電池はしまっておくときには外したいので、電池を入れたらオン、外してオフのスイッチ無しスタイルでいきます。

 

あとは本体ですが、資料がテレビの録画とトリロジーのDVD、紙はスターウォーズクロニクルの2ページ分しかないので、パネルの塗り分けは基本youtubeにあったスターウォーズのミニチュアゲームのコマのCR90の動画を参考にしつつやっていきます。

 

丁度エピソード9のトレイラーとタイトルも発表になりまして、ワクワクが収まらないこのフォースの高ぶりをペイントに込め、トレイラーをループ鑑賞しながら今日中に一気に仕上げたいと思います。

 

しかし邦題が難しそうなタイトルですな。

「スカイウォーカーのなんとか」とか変に凝ったタイトルより単に「スカイウォーカー」だけでもいいような気もしますが、その辺りも楽しみです。