イクサトンカチ時々プラモ

ウォーハンマー等のミニチュアを塗ったりプラモデルを作ったりするブログ

スケイブン パックマスター 組み立て 完了

warcry用のスケイブンの続きです。

 

パックマスターをでっちあげました。

f:id:hidetaro2011:20200223135144j:plain

熟考の末、ラットオウガを有効に活用するにはパックマスターを増やすべきという結論に達しましたので、流血島の合戦のウェポンチームのワープファイアスロアーの射手をベースにパックマスター2号を作りました。

 

武器の万能捕獲器は、パックマスターのカード画像のやつをほぼ丸パクリで、プラ板、プラ棒、ジャンクパーツからのスクラッチです。

古い時代のメタルの野暮ったい造形センスも含めてのほぼ完全コピーです。

作っておいて言うのも何ですが、挟む所がどういう原理で開閉するのかさっぱり理解できませんわ。

 

 

スケイブン ラットオウガ 組み立て 完了

warcry用のラットオウガ(ラットオゴウル)を作りました。

 

f:id:hidetaro2011:20200222124139j:plain

流血島の合戦のスケイブン側の目玉ユニット、そして我が軍の主力となりますラットオウガのベース載せ替えを行いました。

流血島の合戦からもう10年ですか。

プラモと違ってミニチュアは、こうやって過去のアイテムをチョイチョイいじったりしますから、余計に時の流れを感じますな。

 

とりあえず、感傷に浸ってばかりもいられませんので、手を動かしていきましょう。

■本体

当時全力で丁寧にペイントしたつもりなんですが、10年経った目で見ると粗だらけで我慢できませんので、これもリペイントを入れていく予定です。

■ベース

f:id:hidetaro2011:20200222124854j:plain

ベースはミックスベースセットというものを買ってありまして、実はこれは32mmの丸ベース欲しさにかなり前に買ったものなんですが、丁度50mmも入っていたので私的には余りパーツの有効活用となります。

これが3枚入りだっので、そこからラットオウガ3匹体制を狙っていたんですけど、冷静にポイントを計算して熟考を重ねた結果、ラットオウガは2体で十分という結論に達しましたので、ラットオウガの増援プランはボツになりました。

 

スケイブン パックマスター 完成

WARCRY用のスケイブンの続きです。

パックマスター完成しました。

f:id:hidetaro2011:20200216141638j:plain

f:id:hidetaro2011:20200216141643j:plain

やはりベース載せ替えだけでは飽き足らず、ハイライトとかOSLっぽいのを書き込みました。

後はラットオウガですが、50mm丸ベースはもう買ってありますので、載せ替えるだけです。

ただもう一体ラットオウガというか、AOSではラットオゴウルと言うみたいですが、めんどくさいのでラットオウガと呼びますが、こういうところもほんとにめんどくさいんでAOSの世界破壊されろと思いますわ。

そのラットオウガですが、どうしても射撃タイプが欲しいんですが、あのダサいキットは買いたくないので流血島のラットオウガを狙っているんですけど、考える事はみんな同じみたいで、流血島版はほとんど流通してないですな。

こうなったら自作する方向で考えていきたいんですが、そうするとゲームで使っていいものなのかというまた別の問題が発生しますんで悩ましいです。

という事でラットオウガのリニューアルを切に願う今日この頃。

 

スケイブン パックマスター 組み立て 完了

WARCRY用のスケイブンの続きです。

 

流血島の合戦のパックマスターを、丸ベースに載せ替えました。

f:id:hidetaro2011:20200215122408j:plain

いつもの砂まきをして完了です。

パックマスターとラットオウガはベース変更だけで済ませようと思ってたんですが、こうしてまじまじと見ると色々残念なところが目について、ミニチュアの方も加筆していきたくなりりますな。

どんどんウォーバンド完成が遠のく予感がします。

 

そしてついに最終回を迎えたキカイダー01ですが、予算がない中でも笑いの限界に挑戦したような最終回に相応しい素晴らしい仕上がりでした。

つっこみどころも怒涛のように押し寄せてきまして、突っ込んでる内に次の突っ込みどころがやってきましてつっこみが追いつかないほどで、特にハムスターの部分とハカイダーの2回目再生時には、不覚にも声を出して笑ってしまいました。

また当時イナズマンで忙しいはずのジローが出てきたところでは、ちょっとだけ感動したりと、笑いあり感動ありの最高の最終回でした。

元々は仮面ライダーゼロワン開始にあわせてのオマケ的なものだと思いますが、私個人としてはこっちがメインとなる、本当にありがたい放送でした。

東映特撮youtubeに感謝です。