イクサトンカチ時々プラモ

ウォーハンマー等のミニチュアを塗ったりプラモデルを作ったりするブログ

メカコレクション 仮面ライダーシリーズ ハリケーン 箱開け

バンダイの 小さいプラモ、メカコレクションのハリケーンを買いました。

f:id:hidetaro2011:20211024132005j:plain

土日連続ペイントが体力的にもきつくなってきてますので、最近ストレス発散をかねてプラモを買いまくってるんで、日曜のブログは買ったプラモ自慢でお茶をにごすくらいが丁度いいんじゃないかと思いまして、自慢シリーズと銘打ってこのスタイルを当分続けてこうかと思ってます。

といっても、これに関しては数百円なので自慢でも何でもないですが。

 

MXの放送の頭から視聴していることもあって今個人的にV3がプチブームとなってまして、買い物ののついでに久しぶりに模型店やら中古屋を覗いてるときに見つけて購入しました。

発売は2017年ということですから、もう結構立つんですが、個人的に模型店に足を運ばなくなった時期と重なりまして、このシリーズの存在すら知りませんでした。

とりあえずいつ作るかは置いといて、開封して絶対に作るという意思表示のためにもランナーチェックだけ行っときます。

ランナーは小さいながらも4枚で、バンダイ驚異のメカニズムの色プラが真価を発揮してます。

f:id:hidetaro2011:20211024132651j:plain

1枚目はフロント周りとマフラーです。

最初から色プラで2色成型となってます。

スポークが太い感じしますが、まあこれはそういう所にこだわる類のキットでもないと思いますんで、作るときは無改造でサクサク作って行くと思います。

f:id:hidetaro2011:20211024133024j:plain

2枚目はV3の身体とフレームです。

固定ポーズで搭乗状態として作られてまして、中々いい感じに見えますんで、作るとしたら無改造でそのままいくのがいいんじゃないかと思います。

f:id:hidetaro2011:20211024133157j:plain

3枚目はカウルとタイヤとマフラーでこれも色プラですが、1枚目とトレードすれば色プラにしなくても行けるような気がしないでもないですが、必ず黒は入れなければいけないとか何かしら色プラにも事情があるんでしょうな。

まあカッコいいので許します。

f:id:hidetaro2011:20211024133448j:plain

最後は贅沢に3色の色プラとなってます。

こういった1パーツだけ透明にしたいときなんかは色プラの本領発揮ですな。

これにあとデーカルが入っていて、ハリケーンはきっちりと色分けされたものになります。

が、バイクが主役なので、バイクはきっちりしているのに対して、V3は黒一色で黒子に徹するといいましょうか、V3が脇役という面白い商品です。

もちろん私はペイントしてしまうんで、どうでもいい部分ではありますが、素組未塗装だとちょっと残念な仕上がりになる気がします。

いつ作るかは棚上げしておきまして、もし作るならほぼいじらずペイント勝負といった感じの方向で進めて行く感じになるでしょうな。

 

タクティカルマリーン 本塗り その4

涼しいを通り越して急に寒くなってしまいまして、バイクは来春に持ち越し決定となりました。

というか4月に税金なので、いくら安い原付とは言っても残り半年で一年分払うのは癪に障るので、来年から乗り出し開始という事は10月に入ってしまった時点で決定しております。

よっぽどの事情が無い限り、自転車+友人の車+ネットだけで普段の生活には困らないということが分かり、バイクはほんとの意味で趣味の乗り物となってまして、特に急ぐ理由もないもんで。

ただ、モスバーガーなか卯ミニストップ等たまに行かなくてはならない店が近所から姿を消してしまい、これらのちょっと距離ある近所の遠出にはどうしてもバイクは必要なので、4/1日に乗れる状態に持っていく事は確定です。

そういう事情ですので、バイクネタは来年までお休みとなります。

 

という訳で、またミニチュアのタクティカルスカッドの続きです。

f:id:hidetaro2011:20211023133324j:plain

各部に色を入れました。

結局胸の鳥をキルチームカラーにすることにしました。

右肩か、胸の鳥かで迷ってたんですが、ディヴァステイタースカッドのレンタルメンバーでもあるミサイルランチャー兵、ブラザー・レムスのアーマーが胸の鳥なしアーマーであることに気が付きまして、レムスをディヴステイターとして使う時に一人だけ肩がオレンジだと浮いてしまうので、胸の鳥にしました。

そして、寝ぼけて塗ってたので、プラズマガンも赤で塗ってしまってますな。

赤はサージェントだけと決めてますんで、これは塗り直しです。

 

そして、お楽しみの仮面ライダーV3はテレビバエとイカファイヤーの続きです。

あれだけ引っ張っておいて死ぬときはまとめて爆発という雑な死に方でちょっとかわいそうでした。

26の秘密はちゃんとナレーションで明言した遠心キックと、ホッパーは確定として、今回判明した電波妨害能力も該当するんではないかと。

 秘密1 V3ホッパー(たぶん確定)

 秘密2 2km先までの電波を妨害(予想)

 秘密3 オーシグナル(たぶん確定) 敵が近くにいると点滅

 秘密4 ライダー遠心キック(確定)

 

 

 

タクティカルマリーン 本塗り その3

雨なのでキルチーム用のマリーンの続きです。

一番楽しいウォッシングを行いました。

f:id:hidetaro2011:20211017160314j:plain

[NULN OIL]を全体にどびゃーっとかけました。

ベースも雑にシルバーを塗って、一緒にどびゃーっとやってます。

やっぱり何も考えずに作業できるこの工程が一番楽しいです。

ほとんど塗り分けをしてないこの段階でウォッシングするのはちょっとセオリー無視してる感じですが、意外と効率は悪くないはずです。

というか、ほぼ単色のアーミーカラーなので、どうでもいいっちゃいいんですけどね。

そして、一人だけベースの地形が違っているレムスをどうなじませるかが課題ですな。

 

AMT ジャバ・ザ・ハットの宮殿 購入

久しぶりのプラモデルです。

ジャバザハットの宮殿のAMT版を安く手に入れました。

 

撮影ブースからはみ出るビッグサイズです。

f:id:hidetaro2011:20211016133810j:plain

ウォーハンマーをやっていて良かった事の一つに、ウォーハンマー以外のものが異常に安く感じる現象がありまして、それに加えてバンダイの出来の良いキットがあふれている今、当時物のMPC製のスターウォーズプラモが相当なお値頃感となってまして、これもほぼスペースマリーンヒーローズ2個以下の値段で即決で落札できました。

当時探してもどこにも売ってなかった、もしくはあっても高値だったこの手の大型キットが、サーガが終わったこの時代に、家に居ながらマウスクリックひとつで激安価格で手に入るという事が非常に感慨深いです。

 

f:id:hidetaro2011:20211016133849j:plain

ランナーはかなりパーツが落下してますが、中袋が未開封なので欠品等はなさそうです。

この他にバキュームフォームのでかい宮殿ベースがあります。

いつもなら、ランナーチェックに行くところですが、他人の部屋臭?(香水臭?)がかなりきついハズレキットで、当分開封状態で臭いが抜けるのを待ってから制作となりますんで中袋は開封せず、このまま熟成します。

ランナーチェックは作るときにまたやります。

 

そしてお楽しみのV3ですが、序盤の怪人は鮮明に覚えていますが、やはりインパクトで全怪人の中でも一二を争うメジャー怪人テレビバエとイカファイヤーの登場です。

どっちも死なずに次回につづくという斬新な展開で、テレビバエはともかく、イカファイアは自慢の火炎放射を中々使わずに、イカの部分で苦しめるというトリッキーな戦い方をしてました。

そして次回から途中でうやむやになったV3、26の秘密という大風呂敷が展開されます。

きっちりメモっていきたいと思います。