読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

組立て その5

1/144 RGガンダムの続きです。



意外にも短期間で組立て完成しました。
肩の幅増し工作で表面のモールドが全部吹っ飛んでしまいましたが(笑)、
モールド過多な感じがするんでなくてもいいかなと思ってます。
最小限の工作で、ゴツくてセクシーな理想の体型に仕上がったと自分では満足してます。
そもそも、RGに手を入れてる方があまりいないんで、比較のしようもないんですが。
素材も色分けされているし、モールドも繊細なので、
サーフェィサーなしでこのまま直接塗装に入ります。



塗りの方針としては、ペイントスキルの確認がテーマですので、
白をそのまま白でというのではあまり意味がないので、
一番汚れていた時期を再現する方向で行かさるをえなません。


まあ、ガンダムは最も長く戦い続けてた機体ですし、
予備パーツもそんなになく補給もなく整備にも人手が足りなかったわけですから、
汚くて当たり前です。
しかも唯一大気圏に突入して一時的とはいえ、こんがりと全身焼かれているし、
灼熱の砂漠の砂にも埋もれてたりと、過酷な使用状況を考えるとむしろ白いままだと
逆に不自然なので、これでもかというくらい派手に汚しまくりたいと思います。