本塗り その2

グラデ実験をあきらめ、サンド系で修正しました。
所々に赤を残しつつ色を足していく感じで深みと変化を与えました。
かなり中途半端な物になってしまって、完成状態のイメージがうまくつかめずに
いますが、途中からの方針変更にしてはうまくまとめた方でしょう。
しかし、どこかで本命に気をとられていて身が入らないところがあって、
そういった心の状態が如実に出てしまうところがペイント工程の魅力でもありますね。