読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

究極のシャープペンシル

ミニチュアや、模型の小さくて良く出来ている物に魅力を感じる者が工作で線を引く場合、
普通の0.5mmのシャープペンシルは太すぎて使い物ににならないため、
やがて必然的に0.3mmのシャープペンシルに辿り着くはずです。

私もその例に漏れず、長らく0.3mmのシャープペンシル(メーカー判読不明(画像左))を愛用していたんですが、
使っていくうちに0.3mmの線でも太いと感じるようになります。
それでも他に選択肢はないわけですから、使わざるをえなかったのですが、
最近、替え芯を買いに行ったところ、0.2mmのものがあることを発見し、
この「ぺんてるPG2-AD」(画像右)を見つけ即購入しました。

値段も1200円と決して安くないし、その上デザインもヘボヘボですが、
そんな事どうでもいいと思えるほど素晴らしい性能で、理想の細さで線が引けます。
これが現時点の究極です。

まあ、0.3mmの方もまだ壊れたわけではないので、捨てはしないですが、
主役の座からは降りてもらいます。